--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人は易きに流れる

2010年10月21日 20:00

いや、なんてことない話なんですが・・・


Twitter楽すぎワロタwww
自分、流行りモノに飛びつくのあんまり好きな方ではないので色々警戒してたんですが、こりゃ楽チンです。
短い間隔の話題でブログやりたい人とかはもうみんなTwitterに移ればいいんじゃねって感じですね。

雑感ですが、このサービスはかなり意識して使ったり、ハッキリした目的で使う人には向かないのではないかと思いました。
情報収集やブログ・mixiみたいに使ったり、有名人・作家さんに感想とか送ったり(返信は期待しない)、色々できるわけで。
型に当てはめて使うのはちょっと勿体無いと思いました。

まぁ最低限しつこく粘着しすぎたり、炎上するような問題発言さえ避けて使えば

             /)
           ///)
          /,.=゙''"/
   /     i f ,.r='"-‐'つ____   こまけぇこたぁいいんだよ!!
  /      /   _,.-‐'~/⌒  ⌒\
    /   ,i   ,二ニ⊃( ●). (●)\
   /    ノ    il゙フ::::::⌒(__人__)⌒::::: \
      ,イ「ト、  ,!,!|     |r┬-|     |
     / iトヾヽ_/ィ"\      `ー'´     /

なサービスではないでしょうかw
たぶんキッチリチェックして使うよりも好き勝手テキトーに使ったほうが楽しめるサービスだとは思いますね(ぉ

でも有名人とかはテキトーに呟いたことも文脈無視でふぁぼられたりしてて大変そうだなとは思いましたね。
宣伝・営業も兼ねてるからあれですが、所詮呟きとみてやってもいいだろうに・・・
とか書くとプロなんだからそんなの意識して当然って意見ばかりで驚かされます。
呟きって本来の目的から逸脱してるだろそれ(´・ω・`)

まぁそんなこととは全く関係ないパンピーである自分はテキトーに食った飯の話でもしてればおkかなとw
なので

Blog:ガッツリ語りたいことを文字数などあまり気にせず書き殴る。
Twitter:テキトーに呟く。

って使い分けるのがベターな気がしてきました。
個人的にBlogの場合字数削ることのほうが時間かかるし、手間かかって面倒なんですよね。
なのでこの際使い分けてしまったほうがいいかなと。ちゃんとできなかったらそれはそれで別の方法考えますがw
一時期短いのを心がけてたりはしてたんですけどねぇ^^;
スポンサーサイト

<ネタバレあり>うみねこEP7補足考察:鍵開け・真実・ハッピーエンド・可能性

2010年10月13日 00:00

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

負のカタルシス

2010年09月15日 22:00

ヒストリーチャンネルで「熱狂の70年代」を観ててふと思ったんですが
嫌な予感がどんどん積み重なって最後には爆発する感覚ってのはドキドキするものですね。

時代はLSDの禅問答からコカインの快楽へ
戦争批判の非暴力から巷に溢れる暴力へ
政治活動への信念から新興宗教への信仰へ

ゲイ・ホモ弾圧からなんでもありの性快楽に溺れ、トイレには粉と注射器が転がり
ベトナム帰還兵は街角で頭を揺らし、大統領は盗聴の疑いという世紀のスキャンダルで民意を失墜させた
不景気の圧迫から逃れるため夜はディスコでつかの間の自由を踊り狂い、UFO目撃は云万件に及ぶ
信じるものがなくなれば胡散臭いものにでも縋りつく
自由だけど自由じゃない、凄まじいエネルギーを含んだ時代だったんだなと

特にジム・ジョーンズの人民寺院がライアン議員ら視察団と帰国希望者に発砲する映像は象徴的です。
彼らはその後集団自殺し、914人もの信者の屍が積み上げられます。
「多重人格探偵サイコ」のルーシー・モノストーンはここらあたりが元ネタなのでしょう。

こう、キナ臭さが充満していって、ギリギリに張り詰めた引き金が一気に弾ける感覚とでもいうんでしょうか。
不謹慎なのはわかるけど、こういう感覚はギリシア悲劇の要素でも中核を担ってきたものだし
今現在もドラマツルギーの一つとして描かれ方は違えど多くの物語にあるものですよね。

いやまぁ自分が「やりやがったぜ!ヒャッハーキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!」ってなる低俗人間なだけなんですけどw

狼の口 ヴォルフスムント 1巻 (BEAM COMIX)狼の口 ヴォルフスムント 1巻 (BEAM COMIX)
(2010/02/15)
久慈光久

商品詳細を見る

狼の口 〜ヴォルフスムント〜- Wikipedia
スイスの歴史 - Wikipedia

そんな流れでこの作品の紹介でも
舞台は14世紀初頭、ハプスブルク家の圧制に苦しめられ、独立の気運が高まるスイス。
流通の要衝であるザンクト・ゴットハルト峠、非情な関所「狼の口」とそこを必死に通り抜けようとする人々の話です。

んでまその「狼の口」の代官ヴォルフラムってやつが殆どの話の中心として出てくるんですが
こいつがビックリするほど鬼畜です!鬼畜眼鏡なんかよりよっぽど鬼畜w
このヴォルフラム、人の心が読めるらしく、怪しい通行人は非常な罠にかけられすぐ見破られてしまいます。
関所が舞台って時点でわかるけど生きて抜けられる人はほぼいませんw
見所はヴォルフラムの鬼畜ぶりとそれぞれの理由で関所破りをする人達のドラマですかね。
戯曲やオペラで有名なスイス独立の英雄ヴィルヘルム・テルが出てくるところなんかもいいです。
ベルセルクと同様に負のカタルシスが入りまくってる作品なので耐性のない方は注意かな?
最近のベルセルクはファンタジー要素が強くなってるからそんなでもないですけどね~

「狼の口」という呼び名もいいですね、中世西洋で狼がどれほど恐れられていたかわかる感じ。
ガンダムUC好きなやつはユニコーンの角が領主やらのちn
さて、ズボンという名のパンツでも見るかな・・・


けいおんオタは平沢進のCDコンプした後、ベルセルクの蝕を10回以上読み返して心を荒ませてから最終回観ようぜ!
きっと癒しが倍以上に増幅されるお(^ω^)

<ネタバレあり>うみねこEP7考察:怨唆の声

2010年08月24日 20:00

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

(ビッグサイトは)すごく…大きいです…

2010年08月21日 22:00

vipkusomiso021.jpg

y32.jpg
「よかったのかホイホイついてきて。コミケはキモオタだってかまわないで寿司詰にしちまうイベントなんだぜ」

と誘われたのであまり行く気もなかったのですがホイホイC78行ってきました(ぉ
なんとコミケ初参戦どころか、同人即売会初参戦ですね(^q^)
[ 続きを読む ]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。