--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<ネタバレあり>うみねこEP7補足考察:鍵開け・真実・ハッピーエンド・可能性

2010年10月13日 00:00

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

<ネタバレあり>うみねこEP7考察:怨唆の声

2010年08月24日 20:00

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

<ネタバレなし> 「うみねこのなく頃に散」EP7読了感想

2010年08月20日 20:00

0000009_3.jpg
「うみねこのなく頃に散」EP7読み終わりました\(^o^)/

自分は今までずっとこの「うみねこのなく頃に」という作品に対して、各々のEPでかなり楽しませてもらっていながら、どういう評価をしていいかわからずにいました。
そう、娯楽作と名作のどちらに位置するのだろうかと・・・
それは展開編になっても変わらず、この作品は一体全体どうなってしまうんだろうと、ある意味ではずっと疑い続けてきました。

その疑いの根源にはやはり前作「ひぐらしのなく頃に」という作品があったからです。
(ひぐらしも嫌いではないですが、一応の推理はできても、あの超展開はとてもミステリーと呼べるものじゃなかった)
ひぐらしも楽しませてもらったけれど、あの最終展開にはなんともいえないちゃぶ台返しの感覚を受けました。
結論からいってしまえば娯楽作としての楽しさはわかるが、最終展開は自分の好みの展開といえなかった。
また前作のような展開になってしまうのだろうかという疑いでずっと不安が残り続けていたのです。

でもEP7を読み終わった今ならいえます。
「うみねこのなく頃に」は娯楽作であり、名作である、とても素晴らしい作品であると。
そして挑めばきちんと解くことの出来るミステリーであると。
まぁミステリーとしてはかなりギリギリ限界のところを狙っていると思うので、拒絶反応起す方はいるかも
全編全問正答はさすがに無理でも、自分の望んだ答えに近いものは殆ど得られるんじゃないかな?
最後の締め方にも掛かってくるでしょうが現時点では個人的に神作と評価してもいいくらいです。
竜ちゃん疑って本当に申し訳なかった・・・、でも前例があるから自分のような人は多かったでしょう。

特に今回のEP7は始まりから終わりまで全編とおして凄まじい出来です。
話の展開も「ここでこうくるかっ!」と唸らされ、良い意味で予想を裏切られたものもいくつもあり、本当によくここまでのものを書けたなと素直に感服しました。。
一応商業ベースの活動もされてる方ですけど、今後「うみねこ」を越えるものを書くのに相当苦悩されると思います。
麻枝さんにおけるAIRのような作品になるんじゃないかな。

最後に、なんでこんなネタバレもない感想を書いたかっていうと
原作をやってない人にも原作をプレイしてもらって、正当に評価してほしいと思ったからですね。
この作品はやはりサウンドノベルなんですよ、音楽演出とテンポとノリが本当に大事な作品です。
俗にいう原作厨ってやつなのかもしれないけれど、それらを欠いて作品を体感するのは実に惜しい。

でも正当に評価されてほしいと同時に、確実に人を選ぶ作品だというのも絶対的にわかる。
さらにいうと別にそれでもいいのではないかという自分もいる。
むしろこのなんともいえない矛盾した心地よい感覚を味わってもらいたいなと思います。

個人的に うみねこ>>>>>>>>>>ひぐらし っていうのもあるんですけどね(ひぐらし好きの方ごめんね)
まぁうみねこはライトノベル手法でひぐらしの体系データベースを継承している作品なので、ひぐらしの構造がなければうみねこもまたなかったであろうとは思います。
それでもうみねこの構造理解を深めるのに役立つことはあっても、単体理解も十分可能ですし、純粋な再構築発展系と捉えてもいいでしょう。
ホラー要素は減少したけど、構造理解の面白さは確実に数段上のレベルに到達しています。

少々内容について書きたいこともありますが、それはPASSかけて次の記事に回します。
PASSは今までうみねこをプレイしてた方にはわかると思うので、気になった酔狂な方は見てやってほしいです。



全然関係ないけど愛繋がりでw
モリコーネのオケ版でもよかったけど、しんみりメセニーな気分。

うみねこEP7プレイ前 愛の力にゃかなわない!

2010年08月14日 12:00

自分なりにあらゆる可能性を吟味して散文ながらも拙くまとめた・・・気になってたんですが。

やっぱり上には上がいますわ・・・
こういうの見ちゃうと自分のまとめなんて恥ずかしくてあげれねーわwww
消したくなってきた(;´Д`)

それなりに検証してたと思ったことほぼ全て、キッチリ言語化してくれてた人がいました。
自分の考察なんかよりもよっぽど読みやすく、筋も明確です。
もう気づいてることも気づいてないことも全部言ってもらった感じですね。スッキリした!
目新しさはそれほどなくても自分が読んできた説の中では恐らく、一番模範回答に近いものだと思います。
細部で違いはあるでしょうが、こりゃ9割型当たってるんじゃないかな?

ブログ・悠陽 うみねこ考察まとめver6.99 「紗音」と「嘉音」と「右代宮金蔵」
うみねこプレイヤーは読まれることを薦めます。
ともかくEP7プレイ前に読めてよかったですわ。やはり愛の力にゃかなわない!



志方さんばりの神曲キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
これはもうwktkせざるを得ない

うみねこの推理らしきものをしてみる 3 恐らく最終考察

2010年08月13日 22:00

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。