--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

負のカタルシス

2010年09月15日 22:00

ヒストリーチャンネルで「熱狂の70年代」を観ててふと思ったんですが
嫌な予感がどんどん積み重なって最後には爆発する感覚ってのはドキドキするものですね。

時代はLSDの禅問答からコカインの快楽へ
戦争批判の非暴力から巷に溢れる暴力へ
政治活動への信念から新興宗教への信仰へ

ゲイ・ホモ弾圧からなんでもありの性快楽に溺れ、トイレには粉と注射器が転がり
ベトナム帰還兵は街角で頭を揺らし、大統領は盗聴の疑いという世紀のスキャンダルで民意を失墜させた
不景気の圧迫から逃れるため夜はディスコでつかの間の自由を踊り狂い、UFO目撃は云万件に及ぶ
信じるものがなくなれば胡散臭いものにでも縋りつく
自由だけど自由じゃない、凄まじいエネルギーを含んだ時代だったんだなと

特にジム・ジョーンズの人民寺院がライアン議員ら視察団と帰国希望者に発砲する映像は象徴的です。
彼らはその後集団自殺し、914人もの信者の屍が積み上げられます。
「多重人格探偵サイコ」のルーシー・モノストーンはここらあたりが元ネタなのでしょう。

こう、キナ臭さが充満していって、ギリギリに張り詰めた引き金が一気に弾ける感覚とでもいうんでしょうか。
不謹慎なのはわかるけど、こういう感覚はギリシア悲劇の要素でも中核を担ってきたものだし
今現在もドラマツルギーの一つとして描かれ方は違えど多くの物語にあるものですよね。

いやまぁ自分が「やりやがったぜ!ヒャッハーキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!」ってなる低俗人間なだけなんですけどw

狼の口 ヴォルフスムント 1巻 (BEAM COMIX)狼の口 ヴォルフスムント 1巻 (BEAM COMIX)
(2010/02/15)
久慈光久

商品詳細を見る

狼の口 〜ヴォルフスムント〜- Wikipedia
スイスの歴史 - Wikipedia

そんな流れでこの作品の紹介でも
舞台は14世紀初頭、ハプスブルク家の圧制に苦しめられ、独立の気運が高まるスイス。
流通の要衝であるザンクト・ゴットハルト峠、非情な関所「狼の口」とそこを必死に通り抜けようとする人々の話です。

んでまその「狼の口」の代官ヴォルフラムってやつが殆どの話の中心として出てくるんですが
こいつがビックリするほど鬼畜です!鬼畜眼鏡なんかよりよっぽど鬼畜w
このヴォルフラム、人の心が読めるらしく、怪しい通行人は非常な罠にかけられすぐ見破られてしまいます。
関所が舞台って時点でわかるけど生きて抜けられる人はほぼいませんw
見所はヴォルフラムの鬼畜ぶりとそれぞれの理由で関所破りをする人達のドラマですかね。
戯曲やオペラで有名なスイス独立の英雄ヴィルヘルム・テルが出てくるところなんかもいいです。
ベルセルクと同様に負のカタルシスが入りまくってる作品なので耐性のない方は注意かな?
最近のベルセルクはファンタジー要素が強くなってるからそんなでもないですけどね~

「狼の口」という呼び名もいいですね、中世西洋で狼がどれほど恐れられていたかわかる感じ。
ガンダムUC好きなやつはユニコーンの角が領主やらのちn
さて、ズボンという名のパンツでも見るかな・・・


けいおんオタは平沢進のCDコンプした後、ベルセルクの蝕を10回以上読み返して心を荒ませてから最終回観ようぜ!
きっと癒しが倍以上に増幅されるお(^ω^)
スポンサーサイト


コメント

  1. 雪 | URL | -

    こんちゃ~っす!

    以前、本屋のうたい文句「ドSメガネ男子好きですよね?」
    ってのに、してやられて以来警戒してはいるものの・・・
    「狼の口ヴォルフスムント」とはどんなものが気になってしまい・・・
    先日、本屋さんへ行って「狼の口ヴォルフスムント」を探してみましたよ!

    すると、「進撃の巨人②」が発売されていてテンションあがってしまい、
    狼の口ヴォルフスムントを忘れてしまいました。。。
    今度こそ・・・たどり着いて見せます!

    鬼畜に反応してしまうのは自分は腐ってる証拠でしょうか・・・?

  2. がらぐだ | URL | -

    こんちわーす!

    >雪さん
    なかなか面白いのでおススメですよ♪そろそろ2巻も出るみたいだし。
    そんな自分も最近「進撃の巨人」読み始めたんですよねw
    面白い作品です!自分も2巻買わないと^^

    いやはや、ドSメガネ男子にしても鬼畜メガネにしてもなんか語感が良いですよねw
    腐っていなくても「なんぞそれ!」って反応しちゃいそうですよ!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://garaguda.blog26.fc2.com/tb.php/130-4d3f194c
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。